秘密の出会い系サイト

「良質」な出会い系サイトと呼ばれるサイトとは

「良質」な出会い系サイトと呼ばれるサイトは、ただ安全だったり、モラルを遵守して運営をしている、というだけでなく、「多くの利用者が、異性に出会えた」という実績が必要になってくる。

では、どのようなサイトが実績をあげている業者なのだろうか。

まず、そのサイトの使い勝手がいいことが挙げられるようだ。

そのサイトのトップページを見わたしてみて、すぐに目的のページがわかり、そして各々の機能もわかりやすく、使いやすいサイトは総じて人気が高い。

P1140591このようなサイトは、説明するにしても、チャート式に図説を載せてくれたり、利用者が感じそうな質問を掲載するなどして、登録方法、参加の仕方、検索の仕方、自己紹介の仕方、メールのやりとりなど細かいプロセスをわかりやすく教えてくれる。

サイトを利用する上で、ちゃんと利用者の目線に合わせたガイドラインを作成してくれるサイトは心強い。

次に挙げられるのが、利用者同士の交流に幅があること。

現在はブログ、チャット、掲示板といった利用者同士の交流ツールは広く使われている。

最近では、出会い系サイトでもこれらのツールを積極的に活用し、リアルタイムでお互いの近況を話し合ったり、自分の考えや生活を発信したり、世間話をしてみたりと、日常的なやりとりが、利用者同士で行えるようになっている。

それまでは、片方の利用者(主に男性)が自己紹介などを見てメールを送る、という一方通行的な閉じたシステムだったのが、いわば、出会いの広場のようなシステムに進化しつつある、と言えるだろう。

続いて人気の高いサイトの理由としてあげられるのが、サポートやセキュリティ体制だ。

いかにサイトの内容が充実し、また幅の広い交流ができるとしても、どうしてもうまくいかないこと、あるいはトラブルなども起こりうる。

そういったときにアドバイスをくれたり、利用者に無料でいつでも相談に乗ってくれるようなサイトが人気を集めているようだ。

出会い系サイトを検討するとき、以上の三点を参考にしてみてはいかがだろうか。

サクラがいない出会い系サイト

7be01780295df07cd007ac5f7b65bb7d8b08a49c74ff40632dd16cb69b94f74eサクラがいない、あるいは少ない出会い系サイトは、大抵大手であることが多いようだ。

会員数も多く、継続しているようなサイトは、基本的に利用者を満足させる業者で、サクラは少ない傾向が強い。

それは何故なのだろうか。

サクラを多く用いて、あるいはサクラのみで運用する悪質なサイトの場合は、登録した利用者はサクラの相手をさせられる。

サクラは根本的に出会いを目的としてやりとりをしているわけではないので、実際に会うようになることは、基本的にない。

利用者は騙された、と気付くまでそう長くはかからないので、会員を早々にやめてしまうようだ。

そのためサクラのみで運用するサイトは、会員数を確保できない。

また、次第に悪評も広まるようになる。

会員が減ってきた頃合いを見て、業者は名前を変え、新しいサイトとして再出発する。

悪徳業者は、そのような手口を繰り返しているようだ。

そのため、悪質なサイトは、継続性が低いケースが圧倒的に多いのだ。

逆に会員数の多いサイトでは、日々宣伝費など大金を投じて新規会員数を増やすために企業努力を重ねている。

新規会員が流動的に維持できるからこそ、利用者も目的の相手と出会える可能性が高くなる。

結果として、そのサイトは会員数の増加と維持、ひいては長きにわたる運営に繋がることになる。

以上のことから、サイトの新旧や会員数は、その質を見極める一つの目安になると言えるだろう。

もっとも、会員数そのものが偽物で、実際の利用者がサクラだった…、という可能性もありうることには、注意する必要がある。

サイト側の説明を鵜呑みにしてしまわないよう、一定の注意は払うべきと言えるだろう。

アーカイブ

Copyright(c) 2014 秘密の出会い系サイト All Rights Reserved.